隙あらばリピーター通いしたいパラダイス。
団員便りで過去にご紹介したところ
第一弾♪ http://www.tensho.in/archives/600/
①みんぱく:国立民族学博物館
②KOBE三国志ガーデン
③観峰館
④けいはんな記念公園 水景園
第二弾♪ http://www.tensho.in/archives/1130/
⑤日本玩具博物館

そして今回は第三弾!
「太陽公園」
https://www.taiyo-park.com/

兵庫県姫路市郊外にあるB級(失礼!褒めてます♪)テーマパークです。

「石のエリア」と「城のエリア」に分かれています。
姫路には白鷺城で名高い姫路城がありますがこちらでいう城はドイツのノイシュバンシュタイン城をモチーフにした城で白鳥城と名付けられています。
「城のエリア」の対面には東洋大学付属姫路高校野球部の練習用グランドがあり、
グランドをぐるっとまわると「石のエリア」入口。

私にとってのパラダイス「石のエリア」をご紹介いたします。

先ずは入口
なんとパリの凱旋門。
入ったらモアイ像に自由の女神、他にも右も左もいろんな石像があり私たちを迎えてくれます。

そして「秦始皇帝兵馬俑抗」に到着。
ここでほほ~っと感動♪

 

 

少し歩くと万里の長城の入り口。
門には仁王像が左右に、そして狛犬が鎮座。
天安門広場の片隅に万里の長城の入り口、そして兵馬俑。
え~っと北京中心部と郊外と西安、あと道中に虎丘もあるので上海も!
中国の名所旧跡が一堂に姫路市郊外に集結しております。

こちらの全長2キロメートルに及ぶ万里長城への道は緩やかな坂道で、長城登り口→天安門広場→天安門と続きます。

 

 

天安門を右へ進むと万里の長城。
裏側は緑いっぱいの芝生広場。お弁当スポットかな。
ちなみに全行程だとけっこうなウオーキングコースになるので、もしもお弁当など持参された場合はこの辺で軽くしとくことを強くお勧めします!

 

 

 

そして万里の長城の険しい坂を上りきるとなんと白鳥城が見えるのです。

さらにさらに、二体のスフィンクスの後方にピラミッドがあり、中にはツタンカーメンの黄金のマスクのレプリカが!
スフィンクスですが、二体ならんでると狛犬に見えるのは私だけ?

向こうには虎丘、万里の長城、天安門、白鳥城だって見えるのです!

ここはどこ?(笑)

書き並べるとキリが無いほどまだまだツッコミどころ、満載!!それはもう感動の世界です。

 

実は、太陽公園がまだオープン準備の頃、公園敷地内にある介護施設に亡き祖父がお世話になっていたことがあり、当時何度か一緒に散歩したこともありました。
社会福祉法人が運営する施設なんです。
すごいもん建てたもんだなぁと感心させられるばかり。

そんなこんなの太陽公園、ご興味あらば、まあいっぺん行ってみてください。
密を避けて、でも誰かと一緒に行って絶対感動を分かち合いたくなること請け合いです!

・・・とお勧めしてるわたし自身、3月以降はコロナ禍を避けて外出はほぼしていなので、こちらに行ったのは昨年までのことばかりなんですけどね。(画像も過去のものです)
紅葉もきれいなこの時期、運動不足解消もかねて、姫路にミニ世界旅行に行ってこようかな。