天翔楽団の紹介

tensho-1天翔楽団は,2003年1月,自由に中国音楽を楽しむ愛好者の演奏の場を作ろうと結成された市民楽団「天昇楽団」として発足しました。過去、張連生氏(二胡演奏家)、金士友氏(中国・吉林大学教授、作曲家)を音楽指導に迎え、 結成後まもなくミニコンサートと二胡体験教室を開いたのを皮切りに,年1回の定期演奏会を中心に,海外公演・学校公演・サロンコンサート・合奏体験など, さまざまな活動を展開しております。

2008年,楽団名を「天翔楽団」に改名し、またシンボルマークも制定しました。現在,陳紹箕(Chen Shaoji)氏(国家国楽団・高雄市国楽団・中華国楽会顧問)と劉宏軍(Liu Hongjun)氏(オーケストラ「天平楽府(てんぴょうがふ)」代表)を顧問に、また音楽監督・指揮として井上康夫氏を迎え、中国音楽をより多くの人に親しんでいただけるよう活動しています。

inoue-1音楽監督・指揮:井上康夫(いのうえ・やすお)
兵庫県生まれ。相愛大学音楽学部器楽科弦楽器(チェロ)専攻卒業。ポーランド国立ワルシャワ・ショパン音楽院研究科終了。チェリストとして室内楽やオーケストラ活動を展開するとともに、吹奏楽・オーケストラ・オペラの分野での指揮指導にも取り組んでいる。近年の指揮活動としては明石子午線ウインドオーケストラの定期演奏会でメインとなる楽曲の指揮を、また相愛オーケストラC組春の定期公演での指揮などを務めている。
現在、相愛オーケストラ講師、大阪芸術大学オーケストラ要員、チェロアンサンブル「エクラ」メンバー、室内楽グループ「アンサンブル“ベンジェ・ドブジェ”」代表、明石子午線ウインドオーケストラ指揮者。